Monthly Archives: 4月 2012

You are browsing the site archives by month.

新型車輌

20120426-160505.jpg

新型車輌と言ってるわりには、
未来的な感じ0だな。

20120426-160505.jpg

イチロー今期1号

no9

私は医者にならなければプロ野球選手になりたかった。
小学5or6年生の時に、野球を続けるか、医者になるための
勉強を続けるか、人生の選択を迫られた。
医者を選択した理由は明快だ。
困った人を助けたい、この一心だった。
野球はアマチュアでも続けられる。
また、体格的にも身体が小さかったのでハンデがあった。
その思いもあり、野球は好きだし、プロとしてイチローが好きだ。
プロとしてのルーチンを1日たりとも欠かさない精神力、脱帽だ。
今期からイチローは1番から3番に打順が上がった。
塁に出ることから、走者を帰す役割に変更だ。
打率もさることながら、今期は打点で記録を創って欲しい。

ファイヤーキング

photo08

僕がまだ学生だった頃、医療関係の交換留学生として
アメリカの大学へ2ヶ月間就いた。
アメリカのドクターは日本の2歩先を進んでおり、
医療と哲学の融合の分野に対し考えを持っている。
すでに世界最高峰の技術を有しており、クローン人間
なども物理学上成功に導いている。
この様な環境で学んだ中で、最も影響を受けた教授がいた。
Dr.Kent Guilbar。
彼の最大の特徴は、患者を瞬間に懐に飛び込ませて
しまうことだ。病院に来る患者は全員不安だ。
その患者の弱さ全てをさらけ出させ、包み込む。
こういったドクターは少ない。
私は、リスペクトの思いから彼が愛用していたものと同じ
ファイヤーキングを購入した。
デスクでファイヤーキングでくつろぐ彼を見て、自分の
進むべき道がハッキリとしたからだ。
アメリカで購入したファイヤーキングは、今私のデスクに置かれている。